大学生と不倫する40代中年男が遊ぶ方法

大学生と不倫する。中年男の40代の僕の好みの愛くるしい子だ。

 

「いゃ君があまりにも可愛くて魅力的で二人きりになって君のことをもっと深く知りたいと思ったんだよ」

 

彼女との出会いは出会い系のメールである。僕はすでに中年男で40歳を過ぎているが、いまだに出会い系遊びハマっている。それでも話し相手から、円コーまで、その日の気分によって女性と出会っている。

 

知り合って3カ月になる彼女は女子大の三年生である。掲示板から彼女に「食事でも」とデートをお申込みんだ、間もなくOKの返信メールが来た。この手の女性は中年男のおっさんとは会ってもらえる確率が低くて、どうでもいいかという半信半疑な気持ちで待ち合わせ場所に向かった。

 

10分たったころ駅の出口から出てきた女が目に入った。大きなバックを持っている服装を見て約束した女の子だと直感した。

 

 

「お待たせしました。この町初めてだからうろうろしちゃって」
「初めましてとりあえずお茶でも飲みに行こうよ」
会った瞬間正直言って中年男のスケベーの僕は上玉と心の中でほほ笑んだ。

 

細身のジーンズにトレーナーを着ている。いかにも学生らしい顔は丸顔で可愛い女の子だ。僕の好みの愛くるしいかわいい子だ。

 

お昼を回ったくらいなのでお茶よりも食事にしようと誘ってみた。彼女は看護科の学生で昼間はダンス教室のインストラクターをしているという。とき時コンサートに顔を出すことなどの話しを始めた。

 

僕の方も彼女に安心感を与えるように穏やかに微笑んで聞き役に回った。食事が終わりここで紳士のようにすんなりと別れるか一歩ホテルに踏み込むかどちらが一瞬迷った。「買い物をしよう」と誘った。

 

この通りに若い女の子のフアッションの店がある。そして一本裏道に入るとホテル街になることを、俺はちゃんと下調べをしてしていた。ホテルの看板が目に入ったところで話題を変えた。

 

「ここで少し休んでいかない。おじさんは疲れるよ。君は若いから平気だろうね。僕はちょっと休んでいきたいな」
「もちろん君が嫌なことは絶対しない約束するから」
「いきなり。昼間ですよ、私女子大生ですから」

 

しかし、ここは俺は男で勝負だ。

 

「いゃ君があまりにも可愛くて魅力的で二人きりになって君のことをもっと深く知りたいと思ったんだよ」

 

さすがの俺もこういう女は口説き落とすのに神経を使う。

 

ましてや、出会あったのは 2時間前である。俺の経験豊富な体験からも会話の面白さから巧みな誘導と男のエロフェロモンと強引というべき強気の行動力が成功のカギであると思っている。

 

なので強引に彼女の手を取り門をくぐった。やはり思った通り彼女は黙って俺に従ってついてきた。部屋に入ると優しく脱がすまでは徹するのた。

 

俺は目の前にある大きなベッドにさぞかし疲れた雰囲気を出して上着を脱いで寝ころがった。
「やああ・・疲れたね君も休んだら」と声をかけた。

 

彼女はソファに坐ったまま興味深く部屋の隅々まで見渡している。

 

「これから何が起こるのか判断がつかないわ」
というようなカマトトぶりを見せているのが俺にはお見通しだった。

 

彼女はヴァージンでもなければホテルに入るのが初めての訳でもないだろう。

 

会話の成り行きからいきなり恋人モードで昔の清純乙女の気持ちに戻っているのでそのままにして眺めることにした。

 

ここからセックスに持ち込むだけの雰囲気が大事なのである。

 

清純な気持になっている彼女をドラマのヒロイン女優に仕立てるのだ。

 

「ほんとに君のようなきれいな子と出会うなんて奇跡だよ。僕は幸せな男だね」

 

と言いながら近づいて肩を引き寄せキスをした。彼女は抵抗はすっかり無くなっていた。

 

今日も、中年男のダサいおっさんにしては、上手く行ったのだ。思った以上に燃えやすく可愛い声ですすり泣くのだ。可愛くて何度でも犯したくなる体をしていた。
大学生 不倫,中年男 遊ぶ方法

 

出会ったところはここ
通常500円分のポイントが付きますがここから登録すると1000円分の無料ポイントが付きます。

 

ここから
TOP戻る⇒既婚女性浮気※気の強い女が好き40代の割り切り男の能力とは大学生 不倫,中年男 遊ぶ方法